工事管理の活用事例

工事請負契約書の金額、これで間違ってないよな?

課題

・契約内容を別のExcelから転記するのが面倒くさい
・請負金額などがすべて手打ちなので、間違っていないか不安に感じる
・他にも色々な必要書類に、名前や住所などを何度もコピーしないといけない

工事請負契約書をボタン一つで簡単にExcel出力できます!

工事請負契約書を簡単に、ボタン一つでExcel出力

工事請負契約書などの書類を作成するときに、住所や金額、日付などを他から毎回コピーして作成してはいないでしょうか。AnyONEであれば登録されている工事情報をもとに、ボタン一つで工事請負契約書をエクセル出力できます。手間が省けることもありますが、転記ミスが無くなる、書式が統一されるなども大きな効果として期待できます。また、書式は自由に作成できるので、お望みの書式でご利用いただけます。

ユーザビリティの高い操作性

工事請負契約書の作成までの過程も非常に簡単です。工事を新しく作成する時も、AnyONEで既に入力されている物件一覧より必要なデータを自動で引っ張ってくるので、工事情報にお施主様の情報が簡単に紐づけられます。

また契約金額も、税抜き契約金額を入力すると消費税額が自動的に入力されたり、逆に税込みの契約金額を入力すると、逆算して税抜きの契約金額が自動計算されます。これらもAnyONE内にある消費税率マスターから引っ張ってきており、消費税率10%などの消費税率の改正にも対応できるので安心です。

工事請負契約書以外の書類も自由自在

AnyONEの工事情報から簡単に出力できるExcelは工事請負契約書だけではありません。工事完了確認書、鍵受領書なども出力可能です。また、書式は自由にいくつでも作成ができるので、例えば近隣挨拶書や確認書、案内書、委任状など、様々な必要書類をAnyONEに入力されている情報をもとにボタン1つで簡単に出力できるようになります。

これらの書類は、AnyONEから出力できる帳票類の一部にしか過ぎません。もしAnyONEから「どのような帳票が出せるのか?」とお感じになられたのであれば、サイト上部にある【資料請求・お問い合わせボタン】からご請求いただくか、その他の活用事例をご参照下さい。