入出金管理の活用事例

あのお施主様へ請求書発行した分、入金されたかな?

課題

・工事が重なってくると、どこまで請求したのか混乱する時がある
・工事が重なってくると、お施主様への請求漏れが発生してしまう場合がある
・確認したいときに、経理(総務)担当者が帰ってしまっていることがある

どこまで請求し、入金があったのか一目で確認!

お施主様への請求管理

工事が重なったときなど、お施主様への請求をうっかり発行し忘れたり、どこまで請求し、また入金があったのかを営業担当者や社長から問われたときに、様々な書類や帳簿から確認する作業で手間取ることはないでしょうか?

AnyONEでは、金額と取引口座を入力・プルダウン選択したりすることで、簡単にお施主様への請求書が発行できます。またその発行した履歴から、入金残があるのかどうかを一目で確認することもできるので、つい「うっかり」を防ぐことができるのです。

入金管理と請求管理が連動し、一目で確認

AnyONEから請求書を発行し、入金管理もAnyONEで行う事により、請求入力の画面から入金残の確認や入金予定日の確認を一目で管理できます。

また請求の全件と入金残ありのタブ分け、工事名や各担当者からの絞り込み、またエクセルのように表示列の変更や新しいタブ作成など、各々のログインした担当者が見やすいように設定できます。

こういったユーザーからの使い方のご提案やノウハウ、改善要望の声に向き合い、毎月のバージョンアップを積み重ねてきた結果が、現在のAnyONEの高い利用継続率に繋がっているのです。

工事台帳に紐づく請求・入金情報

AnyONEでお施主様向けに発行した請求書と入金の情報は、他の場所にも連動しています。

例えば工事登録の画面。入金予定のタブを開くと、現状どこまで請求書が発行され入金があったかを一目で確認。これにより営業担当がいちいち経理に問い合わせなくとも確認ができる為、双方の手間が省けます。

また、請求・入金に関する帳票は、ボタン一つで簡単にエクセル出力。各数字のコピペや計算式の入力など、煩雑な作業は一切必要ありません。入金予実一覧表や、入金予定一覧表、未入金一覧表、請求一覧表、入金一覧表など、様々な帳票がボタン1つでエクセル出力できます。

実際の導入実績をみる

お金の流れを見るのに便利で、請負金額、入金、支払を確認するのに分かりやすく見やすいのでたいへん重宝しています。

株式会社 斉藤林業 様 詳しく見る