図書登録の活用事例

工事関連の情報が担当ごとにバラバラ管理…

課題

・担当者や部署ごとに管理している工事関連の情報を集約していきたい
・現在の契約段階や契約金額・入金予定など、営業に聞かないと状況が分からない
・工事の進捗や手続状況、協力業者の情報などを、現場監督以外把握していない

様々な工事関連の情報を一元化して皆で共有

工事に関する全ての情報を一元化

ひとつの工事でも、営業担当から工務担当、経理担当まで、関連する部署やそれぞれが扱っている情報は多岐にわたります。

AnyONEは、そんな工事に関連する膨大な情報を一元管理。住所や工期等の基本情報から、営業が関わる契約状況や契約金額、営業と経理が関わる入金予定と請求入金状況、工務が関わる工事進捗や建築図書・施工業者情報など、その工事に関わる全ての情報を一元管理できるようになっています。

この工事情報一元化によって、工事全体の状況が工事台帳を見れば一目瞭然になり、それまでバラバラだった情報を共有することができます。

契約情報から請求入金の予実管理

工事台帳の基本情報では、契約に関する様々な情報が管理されています。着工日や引渡予定日などの日付情報に加え、契約日や契約金額、追加契約の情報も管理され、現在の状態がすぐに確認できるのです。

そして入金予定では、営業担当が策定した請求予定日と入金予定日、請求予定金額をセットできます。この画面では入金予定だけでなく、請求・入金管理機能で入力した実績が連動して同じ工事台帳上に表示されるため、ひと目で状況を確認できるようになっています。

工事進捗から施工業者一覧

工務関係の情報では、工事の進捗状況の予実管理から工事に携わる協力業者様も関連付けて管理されています。また、同じ工事で作成した工程表のスケジュールと工事進捗の日程を連動させることも可能です。

そして、この工事台帳から見積・実行予算・発注・支払に至るまで全ての情報が連動していきます。そして引き渡し後は、定期点検やメンテナンス記録などのアフター管理へと連動していき、すべての段階をAnyONEだけで管理できるようになっているのです。