入出金管理の活用事例

まとまって大量に届く請求書を素早く査定したい

課題

・届いた請求の内容をチェックするのがとても大変で時間がかかる…
・工事別(現場監督別)に請求書を回していくだけで手間取っている…
・様々なフォーマットで届く請求書をどうにかしたい…

発注履歴や業者名で、届いた請求書を素早く突き合わせ!

発注情報からカンタンに請求書チェック

毎月のように業者から届く膨大な請求書の束。それをひとつひとつチェックし、内容や金額の間違い、請求漏れなどを確認する作業に毎月大きな労力を要しています。

AnyONEなら発注情報を元にスムーズに請求書をチェック。業者名、発注番号などから簡単に探し出し、素早く支払い査定業務を行う事ができます。

また、経費を工事別に振り分けたり、発注していないものに対して請求が届いた場合にも対応しています。

伝票日付に応じて、自動的に支払予定日をセット

AnyONEはマスター管理で、自社や協力業者様ごとにも締め日・支払予定日の情報を設定しておくことできます。

その設定情報に応じて、請求内容に問題がなく請求受付のチェックを済ませると、その受け付けた請求の伝票日付に応じて自動的に支払予定日がセットされます。

そして、その支払予定日に対してアラームでお知らせしてくれる機能もついています。後は支払を済ませ、支払い済みのチェクを付けて完了です。

発注時、業者の請求書も合わせて発行

請求書が届くと、対象工事や工事内容、発注金額などをチェックします。しかし、施工業者様から届く請求書はバラバラで統一感もありません。

そこでAnyONEなら、発注時に「発注書」や「発注請書」と同時に、自社への「請求書」を印刷することができます。取引業者様には会社印を押して送ってもらうだけ。

これで請求書の内容間違いも無くなり、書式も統一されるので、よりスムーズに請求書の確認作業が進みます。

実際の導入実績をみる

AnyONEを見ながら数字の確認

株式会社 日の出組 様 詳しく見る