エクセル連携の活用事例

お客様へ提出する見積書作成に、いつも手間取っている

課題

・業者から届いた見積もりの明細を、お客様へお渡しする見積もり明細に転記するのが大変…
・これまでエクセルで作ってきた見積もりをムダにしたくない…
・原価に一定の利益率をかけて見積もりを作成できたら楽なのに…

Excelの原価をコピペして、あっという間に見積書が完成

正確でしっかり感のある見積書をスピーディに提案

業者からExcelで受け取った見積原価をAnyONEへコピーアンドペースト。そして一括更新機能を使えば、あっという間にお客様に提出できる見積書が完成します。

しっかりした見積書をお客様へ間髪入れずに提出することでタイムラグを無くし、他社の入り込むスキを与えず円滑な商談プロセスをサポートします。

エクセルの原価コピペから、見積額を一括設定

AnyONEの見積作成の中でも、とても便利で評価の高い機能が「一括更新」機能です。

この一括更新を使えば、例えば各工事原価に対して想定の粗利益率となるように見積額を一瞬で自動計算してくれます。

その他にも、見積総額を指定して各項目の見積額を自動調整したり、定価に対して8割の売価を設定したり、細かな端数を丸める桁を指定できたりと、この一括設定だけでも多くの細かな機能が装備されています。

見積書は様々なフォーマットで出力が可能

そして出来上がった見積もりデータは、出力機能でしっかりした見積書として印刷でき、その印刷時には数多くのフォーマットから形式を選ぶことができます。

エクセルから原価をコピペして見積作成、そしてお客様に提出する見積書印刷までの一連の作業。AnyONEなら、カンタンかつ効率的な流れで見積書作成業務のスピード化・効率化が図れます。