イベント管理の活用事例

このお客様、どこかでお会いしたような…?

課題

・過去のお客様情報を残していないため、以前の接点が分からない…
・見込み客様の情報をしっかり保管して、営業時に活かしたい
・顧客情報だけでなく、イベントなどの活動履歴も実績管理していきたい

イベントの来場実績を記録し、再営業の際に活かす

過去のイベント参加記録を営業活動に活かす

お客様との様々な接点の履歴を残す事により、数年ぶりにコンタクトがあった際でも以前の情報を元にお声がけができます。そのような細かな対応に、お客様は「覚えてくれているんだ」と安心感・信頼感を感じ、その積み重ねで顧客満足度が高まります。

この地道に顧客満足度を高めつづける取り組みが、その後のリピートや紹介など新たな商機の可能性を高める事にもつながるのです。

AnyONEのイベント管理機能を動画で確認

人気の工務店では、年間通して数多くのイベントを開催されています。そのイベントも完成見学会や構造見学会、リフォームやエコ商材のキャンペーン、資金関係のセミナーなど、企画の種類は多岐に渡ります。

それらのイベントも単に実施するだけではなく、しっかりと実績を記録し、次の企画に活かすための分析を行いましょう。

イベント実績を顧客情報と紐付けて記録

AnyONEではイベント自体の情報管理だけでなく、来場・参加していただいたお客様の情報と紐付けて管理しています。

イベント参加の記録は、営業日報やDM送付履歴などと同様に顧客台帳に表示されるため、ひと目で営業プロセスが確認できます。