入出金管理の活用事例

支払集計の際、あれ見てそれ見てで支払目前になると大変…

課題

・色んな書類をあれこれ見なくても済むように、ひとつの帳票で管理していきたい…
・すぐに支払予定のリストが出れば、毎月の支払い確認が楽になるよなぁ…
・業者ごとの支払残額を一覧表で出力できれば、担当者に確認してもらえるのに…

ボタンひとつで経理担当者の支払確認業務を省力化する!

支払予定一覧表

協力業者さんから届いた請求書の査定が終われば、支払予定一覧表が自動作成できます。その支払査定の作業も、協力業者さんから届いた請求書と発注内容と突き合わせしてマウスを1クリックするだけで完了。これまで監督にしかできなかった支払査定もスムーズです。

また、支払予定額から、業者ごとに定めている安全協力費などがあれば自動で控除し、差引支払額を自動計算。

さらに振込払いの場合は、金額と口座情報に応じて手数料を算出し、手数料負担先に自動で割り振りをしてくれます。普段の業務で入力していることがそのままボタン一つで出力することができるので、経理担当者様の手間や作業時間の短縮に繋がります。

支払査定表

協力業者から届く請求書には、明細に「A様邸いくら、B様邸いくら・・・」という形で現場がリストになっていることも多いかと思います。請求書のチェック方法は各社異なりますが、良くあるのが、請求書を一人ずつ回したり、監督の人数分請求書をコピーして配ったりされると思います。

一人ずつ回す場合、前の人が終わらないと次の人がチェック出来ず待たなければいけません。また、請求書を人数分コピーする場合は当然待たなくても良くなりますが、毎月請求書をコピーする無駄な費用と労力が必要になってしまいます。

AnyONEでは、届いた請求内容をチェックするだけで現場ごとに集計された支払査定表をエクセル出力できます。これを監督に一斉送信すれば、経理の方は監督の査定を待たなくても良くなりますし、監督も自分の現場の分だけをチェックすれば処理が完了するので、業務が非常にスムーズになります。

銀行振込の際の手数料負担を自動計算!

AnyONEの取引先マスターでは、協力業者ごとに、振込手数料負担先の【自社負担】・【取引先負担】が選択できます。この項目を選択しておくことによって、銀行マスターに登録されている自社口座情報と取引先の登録口座情報を認識して、金額に応じて振込手数料を自動で反映してくれます。

今まで、振込手数料の計算を都度手計算していたり、別途集計されたりしている場合は、AnyONEなら自動計算され、まとめて管理できるようになります。この機能はお客様のお声によって作られた機能になります。皆様も今思っていることなどがございましたら、ぜひお声がけください!