マスター管理の活用事例

協力業者様の情報が多くて管理しきれず、分かりづらい…

課題

・取引先業者の情報を見やすく管理できたらなぁ…
・協力業者さんの情報が担当者レベルで管理していてバラバラに…
・今後は保険加入状況など細かな情報まで管理していかないと…

ウインドウ一つで、見やすく、わかりやすく、情報管理!

多彩な情報の中から手軽に簡単検索

取引先業者様の情報がバラバラで管理しきれず、確認しようと思ってもなかなか情報にたどり着けない…。エクセルで管理していて、情報が多くなってくると行と列が広がり見にくい…。業者情報をひとつのシートで保存している場合は探し出すのが大変で見にくい…。このような状態になっていないでしょうか?

AnyONEでは、登録した業者様は一つのウインドウで一覧表示されます。そこに詳細な検索機能がありますので、必要な取引先業者様をすぐに抽出することが可能です。

細かな情報を見やすくタブ別に

AnyONEにはタブ表示があります。そのため数多い情報もウインドウ一つでわかりやすく整理されています。住所や電話番号、ご担当者名などの基本情報から、締め支払い情報・支払先口座・建築許可番号・保険加入状態、その他多数の詳細情報まで入力し保管することができます。

例えば上司の方に『〇〇商店の情報を今すぐ教えてくれ』と言われても、AnyONEで直ぐに調べて返答できます。もちろん既にAnyONEで情報共有されていますので、上司の方が自分でAnyONEで情報を調べることができ、ムダな調査伝達作業を削減することが可能です。

取引先業者様の情報をマスター活用

取引先業者様の情報はAnyONEの取引先マスターに格納されています。そしてこのマスター情報は、見積作成・実行予算書作成・発注書作成などの各機能で参照し活用されています。

協力業者として工事の施工業者として紐付けしたり、アフターの対応業者として記録を残したり、また事業主として見積発行者として活用したりと、一度登録した取引先業者様の情報は、様々な場面で参照されています。

さらに、取引先業者様のメールアドレスや担当者様を設定でき、カンタンに発注書を送付することも可能です。