見積作成の活用事例

リフォームで見積もりの拾い漏れがあっても追加費用がもらえない…

課題

・リフォーム工事の時、忙しいと拾い項目が抜けていることがある…
・工事項目を選択すれば現状の合計金額がでればなぁ…
・自社で決められている粗利率で統一できればなぁ…

参照機能で拾い漏れの無い確実な見積もりを作成!

見積テンプレート作成で拾い漏れを防ぐ!

リフォームや改修工事などの工事で、拾い漏れを後から見つけても、お客さまにその分の費用を請求できなかったという経験は無いでしょうか?
他には、新築工事で工事項目入力時、間違った項目を入力していた、なんてことはないでしょうか?

AnyONEでは参照機能により過去の見積もりや、あらかじめ作成した見積もりテンプレートを使って、手軽に抜け漏れなく見積書を作成することが可能です。全ての工事項目をテンプレートに入力しておき、見積もり作成時にはその中から今回の工事で必要項目だけ選択します。そうすると、選択項目だけで金額が集計され、さらに拾い漏れもなくなります。これにより、余分な訂正、確認時間も無くなり、入力と確認を同時で行うことができます。

チェックボックスにつけた項目分の合計を表示!

あらかじめ作成した見積もりテンプレートのチェックボックスにチェックを入れていくことで、チェックをつけた項目分のみの見積もり金額や原価金額が計算されます。なので、今現状の工事単価ではこのぐらいの金額、もう少し項目が増えればこの金額になる、といったような金額の上下変動も一目でわかるようになります。さらに、見積もりテンプレートには、可能性のある項目が全て網羅されているので、後から拾い漏れが発覚するというようなことも無くなるのです。

マウス一つで御社規定の粗利率に!

御社で定めている粗利率はありますか?
既定の粗利率に近づけるのに苦労していませんか?
もっと簡単にできればと思っていませんか?
AnyONEでは可能です。

一括更新ボタンをクリックすれば、選択した項目はあらかじめ定めた粗利率に設定してくれます。
これにより、バラバラだった粗利を、既定の粗利率にマウス一つで揃えてくれます。これで、今までの作業時間を他の業務に回すことが可能です。