工程表の活用事例

工程の進捗を知りたいが情報が共有できていない

課題

・忙しくて、工事の進捗が社内で情報共有、把握できていない…
・次工事の打ち合わせの為、現状工事の進捗確認したいが現場監督が電話に出ない…
・工程が変更になると、他の関連工事も変更しないといけないので手間と時間がかかる…

AnyONEの工程表は進捗率が一目でわかり、ボタン一つで関連項目に反映!

現場に確認しなくとも見てわかる、%表示で進捗確認!

現状、工程表はあくまで家を建てるための予定表として扱っている、進捗状況はホワイトボードに手書きなどで毎回記入し、日々業務が忙しく記入を忘れるということはないでしょうか?

AnyONEは、予定工程表の作成後も工事進捗の確認として使うことができます。

例えば、今取り組んでいる現場の進捗状況を知りたいが、毎回現場監督に電話で確認をするが、出ないことの方が多く困っている。というような場合。
そんな場合でも、AnyONEなら工程表を開くと、現状取り組んでいる工事の進捗状況をすぐに確認することができるので、毎回の確認する手間がなくなります。

 

 

工程の完了実績も同時確認できる!

AnyONEでは工程表で予定を入力し進捗状況もわかるうえ、工事項目が完了すると完了実績として予定チャートの下部に表示することができます。
そして、実績チャートも予定チャートとは別表示の為、好みの形状に変えたり、自由に動かすことができるので、日付の変更などがカンタンに行えます。

上手く活用すれば、予定と実績を一つの工程表で見ることができ、当初の予定と結果がどれだけ日程的に変わったのかがひと目で分かるようになるのです。

工程表で進捗項目を選択すればボタン一つで工事進捗に反映!

AnyONEでは工程表をきちんと入力すれば、工事進捗にボタン一つで簡単に日程情報を反映することができます。
ですので、ミーティングなどに利用する進捗状況の連絡のために、工程表を見ながら予定、実績の日付を報告書や一覧表のエクセルに一つ一つ転記していた手間がなくなります。
そして、工程表に入力した内容が連動して反映されることによって入力が一箇所で済むのでミスもなくなり、時間短縮にもつながります。