発注管理の活用事例

一つの工事に協力業者様が何社も、発注書作成に時間が・・

課題

・見積や実行予算のエクセルから都度コピー&ペーストで効率が悪い…
・協力業者様が多く、業者別に振り分けて発注書を作るのに時間がかかる…
・協力業者様から届く請書、請求書の書式が別物なので、処理の効率が悪い…

AnyONEの参照機能やチェック機能で業務の負担軽減!

参照機能を使えば過去の見積りや実行予算から【必要データ】を持ってこれる!

発注書作成の際、見積書や実行予算のエクセルから、都度コピー&ペーストで張り付けをしていたり、発注用のシートを作ってデータをリンクさせていて、リンクの式がおかしくなったり、誤って消してしまったりといったことは無いでしょうか。

AnyONEなら、発注書を作成する場合、見積りや実行予算データを参照することで、マウス一つで手間なく簡単にデータを取ってくることができ、かつ使いたい項目ごとに選択できるので、過去のデータを上手く使いつつ、新たな発注書を作成することができます。

業者別タブやチェックボックスの活用で【段取り良く】発注!

AnyONEでは項目別、協力業者別にわけることができ、協力会社様への発注状況が、現状どのようになっているかトータルでいくらになるかが一目でわかります。そして、チェックボックスにチェックを入れた項目だけを発注することが可能なので、全ての工事を一括発注する場合だけでなく、工事の進捗状況に応じた、都度発注もカンタンに対応できます。

注文書、請書、請求書がまとめて印刷できるので【業務効率化】!

発注書印刷時には、注文書だけでなく注文書控え・発注請書・請求書も同時に印刷することができます。
発注請書、請求書を発注書と一緒に協力業者様に送ることで、請求書の書式を統一できるので請求書処理業務で効率化が図れます。
そして、協力業者様側も一から請求書を作る手間が省けるので、お互いに効率化をすることができます。